SF映画のビューティーといえば「スターウォーズ」のエピソード6でギャングのジャバザハットの奴隷として出てくる踊り子のオーラ。彼女は頭部に二本の触手を持ち、様々な肌の色をしている異色肌のトゥイレックという種族のエイリアンです。劇中で露出の多い衣装でセクシーな踊りを披露するも、ジャバザハットの怒りを買い無残にも巨大生物の生贄にされてしまうかわいそうなキャラクターです。


トゥイレック族は男性は屈強で醜く、女性は官能的で美しいという特徴を持つ設定です。そのためトゥイレックの女性は大抵が奴隷か踊り子です。

一方、リュック・ベッソン監督の代表作「フィフス・エレメント」の重要なシーンで出てくるオペラ歌手ディーヴァ・プラヴァラグナ。超高音で美しい歌声を持つ彼女もまた頭部に特徴的な触手をもつエイリアンです。
官能的な美しさと触手にはなにか関係があるのかもしれませんね。

Ayano Tominaga
Beauty Tech journalist / Tokyo based freelance video journalist covering fields including mobile, travel, beauty, fitness and more. 海外のモバイルを中心に取材をしているビデオジャーナリストです。 http://ayanotdo.com/